相続対策事例⑧

今回の事例は子供に対し、どのように財産を遺したらよいのか悩んである方の事例です。

財産の分け方について法律は「平等」を説いております。

しかし、人間には「感情」があります。

例え我が子とは言え、関係は様々で何年も顔を合わせていない、墓参りも何年もしないなど疎遠になったり希薄になったりするものです。

そんな中、「子供全員に平等というわけにはいかない。」

このように考えられる方は珍しくありません。

法律が説く「平等」が時に人の感情に対し、大きな敵として目の前に現れることがあります。

このような場合、どのような対策・考え方ができるのでしょうか?お伝えします。

本事例は、ご相談者の許可を得て個人が特定されないよう、一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む

会社を清算・廃業する場合に残るのは借金!?

後継者がおらず、清算・廃業する場合はどうなのか?

清算・廃業するということは会社をやめるということではありません。

多くの経営者は自分の子供に会社を譲りたいと思っていますが、少子高齢化の中、なかなか後継者がいないことは社会問題になっています。

そんな中、残るのは借金です。

続きを読む

相続対策事例⑦

今回の事例は、駐車場を6か所も運営している方の相談事例です。不動産の評価だけで2億円にもなります。

争う族対策・節税対策・納税対策。これらをどのように対策し、円満相続に導いたのか?ご覧ください。

本事例は、ご相談者の許可を得て個人が特定されないよう、一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む

相続対策事例⑥

不動産収入が7000万円にも上る資産家の相続対策の事例です。

不動産を多く所有している方の特徴は、現金と不動産の比率が大きく不動産に偏っていることです。結果、相続税の節税・納税対策は必須となります。

また、不動産を兄弟でバラバラにすることも、共有にすることも難しいため、分割対策も重要な課題となります。

では、今回の事例をどのように円満相続へと導いたのでしょうか?つづきをご覧ください。

※本事例は、ご相談者の許可を得て個人が特定されないよう一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む

相続対策事例⑤

今回の事例は、財産を所有している方が認知症になられている方の対策事例です。

通常、認知症を発症すると、相続対策を行うことは限りなく困難な状況になります。

しかし、今回の事例は大きな相続税の節税に成功しています。なぜ、こんなことができたのか?ご覧ください。

※本事例はご相談者の許可を得て個人が特定されないよう一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む

相続対策事例④

今回のご相談者は89歳と高齢の方です。正直、これくらいの年齢になると対策も限られてきます。そんな中、どのような対策を採っていったのか?ご覧ください。

※本事例は、ご相談者の許可を得て個人が特定されないよう一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む

相続対策事例③

過去、両親の相続でものすごく苦労されたAさん。一般的に、相続のご相談に来られる方は70代以降の方が多いのですが、Aさんはまだ62歳。

これから「老後」を迎えるかたの相続対策はどのようにしていけばいいのでしょうか?

※本事例は、ご相談者の許可を得て個人が特定されないよう一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む

M&Aは中小企業の経営者を救う!?

あの時、M&Aという選択肢があることを知っていれば、救えていたのかもしれません。

今から3年前、私が駆け出しのころからとても可愛がってくれる社長がある日突然、脳こうそくで倒れました。その社長には子供がおらず、いわゆる後継者も不在でした。

続きを読む

相続対策事例 ②

財産の分配が不平等だと兄弟で揉める可能性が高まります。では、不平等の中でどのようにして平等感を生み出すのでしょうか?

※本事例は、ご相談者の許可を得て、ご家族が特定されないよう一部内容を変更してお伝えしております。

続きを読む